アナザースカイ|モデル佐藤栞里のハワイ!おすすめのレストランやコンドミニアムも♪ 1月22日

ハワイ

1月22日放送のアナザースカイは、モデルの佐藤栞里さん!ハワイです!!

佐藤栞里さんは、少年のようなショートカットとキュートな笑顔が素敵なモデルさん。

最近テレビ番組にもよく出演されていて、「あははー!!」と笑う飾らないその笑顔に興味を持たれた方も多いのではないでしょうか。

そんな佐藤栞里さんは、1990年新潟生まれ。15歳で雑誌「ピチレモン」でモデルデビュー。その後「PINKY」「non-no」と専属モデルをされていたそうです。

ハワイ最初に来たのは11歳頃ご両親と。その後15年間で14回もハワイに来ているハワイ通とのこと!お父様が大のハワイ好きなのだそうです。

そんな彼女が今回、どんなところを巡るのでしょうか・・・?

スポンサードリンク

 

 高橋果実店 ワイキキ/ビーチウォーク通り 

すいか

「とっても大好きなジェラート屋さんなんです!!」と佐藤さん。

マンゴー・ザクロ・アサイーベリー・ライチ・パイナップル・パッションオレンジ・ストロベリーなど、20種類以上もあるジェラートたち。

うきうきでショーケースを眺める佐藤さんは何と即決!選んだのは・・

『wortermelon sorbet RL』

すいかのシャーベットでした!驚くほど真っ赤なシャーベットが、カップに並々と入っています!!

「う~ん、おいひぃ~♡ すいか~!!」とご満悦な佐藤さん。

佐藤さんは無類のすいか好きらしく『 好きな食べ物ランキング5位 』に入るそうです(笑)

「食べ物の中でって、どんだけやねん!」と今田さんに突っ込まれていました。

そんなすいか好きの佐藤さんに「リアルなすいかを超えるほどおいしいジェラート」と言わしめるなんて、どんな味か気になりますね!

「スイカの上の一番甘い美味しい部分・・舌触りもスイカなんですよ・・ちょっとザラってしてる・・あんまりすぐ瞬間的に溶けないので『リアル果実』なんです!!!」

・・・ん?リアル果実???

そんなおとぼけ発言も、あの笑顔ですっかりほほえましいエピソードになってしまいますね。

おそらくスタッフの方々も、頭にはてなマークがいっぱい浮かんでいたようです。

スタッフの反応が薄いので、

「伝わるかなぁ~?」と佐藤さんはここでなぜか、食リポの練習を始めてしまいました(笑)

「スイカよりスイカ!!」

「スイカ自体が、シャーベットになるために生まれてきた果実だわ~!」

食レポの出来はどうなのかわかりかねるところですが、がんばり屋さん、ということが大変よくわかりました(笑)

  食べログ →  Henry’s Place (高橋果実店)

iruka

次に、ハワイに14回も来ている佐藤栞さんでも、まだ経験したことがないことがあるそうで、今回その夢を叶えることができたそうなんです!

それは、『イルカと泳ぐ』こと。

シュノーケリングで海に入ると、すぐそこにいるかの群れが!!

佐藤さんは小さい頃スイミングに通っていたということで、イルカと一緒にすいすい泳いでいました。イルカたちが「キュイキュイ!」としゃべるのを聞いたり、目の前でジャンプしたりと大変楽しまれた様子でした。

スポンサードリンク

 

 アクア・パシフィック・モナーク 

佐藤栞里さんがご家族で毎回愛用されているホテルは『アクア・パシフィック・モナーク』。

コンドミニアムで台所も充実していて、ハワイの海がどかーんと眺められるオーシャンビュー。バルコニーも広く、気軽に別荘感覚が味わえます♪

立地もコスパも良い評判ですね~!→  エクスペディア Aqua Pacific Monarch 

☆追記 コンドミニアムはこのホテル!→ 佐藤栞里さん一家が御用達のコンドミニアムinハワイ

  ステーキ&フィッシュカンパニー  

出典:Steak&Fish Company HPより

佐藤さんご一家は、アラモアナセンターの地下フードコート内にあるステーキ屋さんにいつも来ているそうです。佐藤さんいわく「ハワイに来てまでフードコートか~。って思ったけど、食べてみたら、めっちゃ美味しかった。」とのこと。

こちらも要チェックですね!→ Steak & Fish Company 

この日紹介されていたのは、リブアイステーキ。ポテトと野菜の盛り合わせプレートでした。

 アラモアナセンター3階 白木屋・屋台村ビアガーデン 

こちらは昨年の見城徹さんの回でも、チラッと出てきたお店。なんとキンキンに冷えたビールが1杯1$で飲めてしまうというのだから驚きです!!

ハッピーアワーの午後5時半~22時まで、ビールが1ドルになるということでした。

佐藤栞里さんは、お隣で食事している家族連れにおすそ分けしてもらって

「 It’s a wonderful memory! 」(ステキな思い出になります!)

とニコニコでした。

佐藤さんはお父さんのことを「トッツイー」と呼んでいるそうです。そしてアラモアナセンターには食事がメインで、唯一のショッピングはトッツイーさんのパンツを買いに行くのだとか(笑)

行きつけのパンツのお店がハワイにあるなんて、きっとおしゃれなお父様なんですね!

瀧本美織さんが「パンツの行きつけ・・」とつぶやいていてクスッとしました。

 天国の海 サンドバー 

sanndoba-

「勘違いだけど、全部海が自分のものになった気がして・・まさに天国の海ですね。」

プライベートで、撮影で。何度もハワイを訪れている佐藤さんが一番感動したという場所。

ボートで沖に出ること10分。干潮時のみ沖合に現れる浅瀬なのだそうです。

海の中にポツンと浅瀬があり、ボートからサンドバーに降りることができます。

そこで佐藤さんは「うみ~!そら~!」と交互にカメラを向けながら自撮りを満喫していました。

「あ!田中!!田中さんありがとー!!」

佐藤さんは「太陽」のことを「田中」と呼ぶそうです!?

理由は「た」がつくから・・・。不思議キャラ炸裂の衝撃映像でした(笑)

ずっとニコニコ笑顔な佐藤さんにスタッフが聞いてみたところ

「生きてく上で笑顔って大事ですかね・・?」

「笑ってた方がみ~んな幸せ!!」

そんな彼女笑顔の裏には、長年モデルを続ける中での苦労があったそうなんです。

 小学5年生からモデルのお仕事 ブレイクまでの道のりは厳しかった 

小学生の頃から専属モデルをしていた佐藤さんでしたが、今回のロケで初めてたくさんの方から声をかけてもらった嬉しそうに話していました。

専属モデルというと、私のような一般人からはもう大成功して夢が叶った状態のように思ってしまいますが、今日の大ブレイクまでにはたくさんの葛藤や苦労があったよう。

専属モデルとはいえ、月に2,3本仕事が入ればいい方で「お仕事がないってこんなにつらいんだな・・」と毎日思っていたそう。

「やっぱり表紙とかやられているモデルさんはきっと毎日撮影があったんだと思います。私は月2,3回の中でその方たちと会うからその中で自分を出さなきゃいけない。でもやっぱり恐縮しちゃって全然自分を出せない時期でもありました。」

「可愛くてきれいなモデルさんはそこにいるだけで華やかだし、その人たちと同じことをやっても、私なんて全然及ばないし・・。」

涙をぽろぽろ流しながら当時の想いを語る彼女が印象的でした。

でも、そんな中でも彼女は「私にしか届けられない何かがきっとある」と諦めなかった。

4年間の間、自分だけの魅力を探し続けた結果・・

「このお仕事が大好きで、一生続けたい仕事だから『できない』『やりたくない』となるべく言いたくなくて・・」

そしてきっかけとなったのが、ハワイでの経験だったそうです。

「ハワイの人はみんなニコニコしてるじゃないですか。つられて笑っちゃう。みんな笑ってるから・・すれ違っただけでニコッて笑いかけてくれると、私もすごい嬉しくなっちゃう。」

「こうやって人と接したら、私も相手の方も嬉しく思ってくれるんだなっていうのを教えてもらいました。相手の立場で考えるようになってから、『笑顔で明るくありのままでいたい』と思うようになりました。」

「いつも自分が楽しく、笑顔で幸せでいられたら・・きっと伝わるかなって・・・」

「だから、笑顔でいます!」

そして佐藤栞里さんは、それまで専属だったモデルを辞めることに。

「専属というのは本当にありがたいことなんだけど、もっと自分で扉をあけていかなきゃなって思った。」

笑顔を武器にした彼女の、ステキな決意の表現。専属という安定からあえて離れることで、自分を磨いて冒険の世界へ向かうことを選んだのですね。

その後、飾らないナチュラルな笑顔で評判になり、今や誰もがその笑顔を知る人気モデルに。

「頑張っていたり、信じていたりすれば夢は叶うんだなって実感しました。」

そんな佐藤栞里さんにとってのハワイは笑顔の原点だそうです。

そのキラキラした笑顔を見るだけで、こちらも元気になれそうな佐藤栞里さん。

今後の活躍も楽しみですね!

詳しいお店・ホテル情報はこちら → モデル佐藤栞里さんおすすめグルメ☆レストラン情報!  佐藤栞里さん一家が御用達のコンドミニアム

次回は片岡鶴太郎のパリです!  → 片岡鶴太郎パリで青木定治氏との再会

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加