アナザースカイより ハワイでEXILEアツシが使っているレンタルハウスやレストランなど!

アツシ ハワイ レンタルハウス

アナザースカイでEXILEアツシさんが訪れたレストランや、レンタルハウスの情報です!

ハワイへは、年に1回は訪れるというアツシさん。

頑張った自分へのご褒美として、ハワイでの時間を満喫しているのだそうです。

スポンサードリンク

 

「Nico’s Pier38」

イメージ

ハワイへ着いてまず向かうのは、ホノルル埠頭の近くにあるシーフードレストランへ。

ここでポキ丼を食べてから、レンタルハウスへ行くのが定番コースなんだそうです。

「スパイシーポキ」「アヒ醤油」など、味付けされたアヒ(まぐろ)がたくさん並んでいます。

その中から自分で選んで、どんぶりにのせていくスタイル。

アツシさんが選んだのは・・

「スパイシーアヒ」「デラックスアヒ」「ロコタコ」の3種類。

「スパイシーアヒのマヨネーズで和えてあるのが、わかっちゃいるけど美味しいんですよね♪」

と、ごきげんにほおばるアツシさん。

「海藻がいっぱいあるのがいいんだよね!」

「ハワイっぽいんだけど、日本人に合うのがいいんですよね。丼っていうのもそうですし。」

「ハワイに来てすぐで、まだ日本が抜けきってない『ちょうど中間』を食べるみたいな感じですかね!!」

昼間からビールも飲んじゃって、気づけばすっかりハワイモードに切り替わっているアツシさんでした。

「すいません昼間っから。スタッフの方に許可をいただいたので飲んじゃいました。」

この謙虚さが、スターの証。

口コミ・写真はこちら → Nico’s Pier 38 (TripAdvisor) 

 生活用品はあのお店で

そして、決まっていくお店がもう1件。

それは「ドン・キホーテ」!!

生活用品をそろえるんそうです。

なんかそんなところも気さくに見せてくれちゃうアツシさん。

店内にはいったとたんに「たのし~♪」とウキウキ。

スタッフから「まだ何も買われてないですよね・・?」とツッコまれても

「いや~、もう見てるだけで楽しいなと思って!!」

それを見ているこちらも楽しい気分にさせていただいております(笑)

芸能人として日本で生活していると、人目を気にせず買い物をするのも大変なんですね。

「ティッシュ買っときましょ!」

「柔軟剤がほしいな~。ん?バラの香り??ラベンダーにしようか。」

一流ミュージシャンがわくわくしながら日用品を手にする姿は、とっても新鮮です(笑)

それから、食品コーナへ「お蕎麦」を探しに。

なんでもアツシさんは、お蕎麦を主食にされているんだそうです。

毎日お蕎麦を食べていて、ツアー中もホテルで茹でている(!?)という徹底ぶり。

この日は、2種類のお蕎麦をご購入。

最後に向かったのは「水筒」売り場。

「僕水筒大好きなんですよね!ほら、毎回新しいの出てる!!」

もう少年。目がキラキラ。

「水筒にはね、歌手の夢が詰まってるんですよ。」

ステージ上での水分補給に欠かせないのが水筒で、これ飲んだから大丈夫!みたいな願掛け的な意味合いもあるのだとか。

そして、水筒好きを公言するだけあって、いろんな水筒のことを知り尽くしていらっしゃいました(笑)

「お茶っぱが出てこないやつとかね~」

「これは保温にはいいけど、飲む時熱すぎちゃうんだよね~」

「これは口が大きすぎてドボドボいっちゃうんだよね。口が小さいのが好きなんだよね。」

で、結局、口が大きくてドボドボいっちゃう水筒を2個買っちゃうというお茶目っぷり。

「ドボドボいっちゃうかもしれないんだけどね~。」

といいつつ買った水筒と色は、オレンジと黒でした。

(ブランド名?ラベルには「FIFTY/FIFTY」って書いてありました。)

スポンサードリンク

 

 ついに常宿のレンタルハウスへ!

イメージ

「帰ってきたな~って、うちじゃないんですけどね♪」

ひろいエントランスには、でっかい蘭のお花や絵画が。

キッチンも優雅な雰囲気で、シンクに立てば海が見えます。

お庭は芝生で、夜もとっても素敵なんだとか。

4ベットあり、4人でシェアする形にすれば、けっこう気軽に行けるみたいです。

洗濯機・乾燥機もついていて、本当に自分の家のように生活できそう。

ちなみに、スタッフや友人の洗濯ものも、アツシさんが洗ってました!!

もちろん、先ほどドンキで買った柔軟剤も使って。

メーカーかわかりませんでしたが、「final touch」と書いてありました。

香りはラベンダー。

(ドンキで最初に手に取ったのは、ダウニーエイプリルフレッシュでした。)

優しさ・心遣いMAXなアツシさん。

「レンタルハウス」というハワイの過ごし方がとっても素敵でした。

世界の貸し別荘・コンドミニアムを紹介:TheVacance.com

レンタルハウス・貸別荘は、けっこうお手頃であるようです。

ホテルも便利だけれど、家族や仲間で行くならこんな過ごし方もいいですね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加