アナザースカイ|台湾で野村周平が乗っていたBMXがかっこいい!!どんなスポーツなの??

7月8日のアナザースカイは野村周平さん、台湾です!

野村周平さんは、映画「ちはやふる」などに出演の今注目を集めつつある俳優さん。

野村周平さんにとって台湾とはどんな場所なのでしょうか・・・

番組のエピソードも交えて、追ってきたいと思います!

スポンサードリンク

 

   中国と日本のクオーター   

番組冒頭で野村さんが明かしたのは、「自分はクオーターである」こと。

おじいさんが中国人で、おうちは中華料理屋さん。

幼稚園、小・中学校は神戸の中華学校に通っていたそうで、

中学生のころまでは、ほとんど中国語で生活していたそうです。

2009年に開催された事務所アミューズの全国オーディション「THE PUSH!マン ~あなたの周りのイケてる子募集~」 でグランプリを受賞。

17歳で、俳優としてデビュー。

そして2013年。映画「男子高校生の日常」の舞台挨拶の為、台湾へ。

台湾は、『野村周平が初めて海外で仕事をした場所』だったのです。

   いきなり台湾ドラマデビュー!?    

台湾で行きたかったところ、それは、「今の台湾」を肌で感じることができる『ドラマの撮影場所』へ。

台湾で活躍中の日本人女優池端レイナさんとお話したり、撮影の合間を縫って他の出演者と仲良くおしゃべり・・・してたかと思えば、今撮影中のドラマへの出演交渉をして、なんと「OK」!

そんなのダイジョウブなの!?と思うんですが、台湾のドラマは「その場で脚本が変わることがしょっちゅう」なんだそうです。

例えば、「撮影の日に雨が降ったら、雨の日のお話に変えちゃう」とか、半分即興みたいな感じなんだとか。日本のドラマでは、脚本が変わることは「あり得ない!」と市川美織ちゃんが驚いていました。

撮影が終わった後、池端レイナさんとレストランへ。

海外での今後の活躍について話していた野村さんに「 血が流れてるんだからもったいないよ!」と、中国語圏での活動をプッシュしていました。

    BMXもできちゃう「小鮮肉」野村周平   

若くて、かわいくて、カッコイイ男子。

台湾語?中国語?でイケメンみたいな言葉、それが「小鮮肉」。(シャオシェンロウ)

とにかく積極的で、着々とその活躍の場を拡げていくであろう野村周平さん。

お次は『BMX』という自転車の専門店へ。

BMXとは「バイシクル・モトクロス」の略で、自転車で行うスノーボードみたいなスポーツ。

なんと、オリンピック競技でもあるようです。

そして台湾では、BMXのパーツのシェア8割も占めています。

オーダーも行っているこちらのお店で、野村さんはオリジナルの自転車を組み立ててもらい、お買い上げ。そして、慣らし運転へ!!

こんな感じで、すごいアクロバティックなBMX。

オリンピックってことは、2020東京でも見られるのかな???

スポンサードリンク

 

夢は「世界で活躍すること」という野村周平さん。

中国語に加え、英語の習得にも力を入れているんだそうです。

語学はもちろんのこと、アピール力も半端ない彼は

必ずグローバルな存在になること間違いなしですね!!

次回は布袋寅泰さん、イギリス・ロンドンです!

最近ロンドン多いね!!

前回  アナザースカイで長友佑都さんがいったレストラン&スーツのお店 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加